ノマドライターのモノ、バショ、日常のブログ

iPad Proとか、ノートパソコンとか、PCパーツとかそういうのが好きな20代最後の人のブログです。

【開封レビュー】リンネル4月号(猫のマイキー デイリーリュック)

f:id:krrochu:20170402011229j:plain

近頃、宝島社が発行している雑誌の付録にハマっている。今回は僕の奥さんが、「リンネル4月号」を買ってきたので、さっそく付録を開封してみた。ちなみに、奥さんは使わないと言っているので、そのうちキッチンのナップサックにでもなるだろう。

化粧箱

DSC_1444

化粧箱を包んでいる袋には、猫のマイキーがあしらわれている。また、しっかりとサポートする体制があり、お客様相談センターの連絡先が書かれている。

中身

DSC_1445

取り出した直後。写真では確認しづらいが、化粧箱に入るサイズに折りたたまれていた。ナイロン製でビニールっぽい外観からは、安っぽさが否めない。

DSC_1448

手で掴んだ感触は、ナイロン製だと分かる感じではあるが、意外としっかりとした作りになっている。ちょっとやそっと、引っ張った程度では破れそうな感じはない。キャラクターモノということもあって、実店舗で同じモノが売られていれば、これなら1,500円くらいはしそうだ。

DSC_1449

背面。これまた写真の撮り方が悪いのだが、取っ手が2つ付いている。背負う以外に、手提げにも早変わり。

DSC_1446

中のマチ部分は、およそ15cmほどで、かなり薄い仕上がりとなっている。小さめのお弁当箱なら入れることが出来そうだが、男性が使うような大きな弁当箱は入りそうにない。良くて小型のノートパソコンが1台入る程度だろうか。

DSC_1451

外側のポケット部分。タバコ1箱が入る程度の大きさである。定期くらいなら入るか?それくらいの大きさだ。あまりモノが入るスペースはない。

背負ってみた

DSC_1460

僕の身長は171cmだが、背負ってみると意外とイケるのではないかと思ったが、似合わなかった。写真の撮り方が下手であるために、分かりづらいかもしれないが、僕の肩甲骨辺りで背負っているのだ。これは小さい。(もう少し痩せれば、もう少しラクに背負えるのかもしれない)